×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

中古車についての関連書籍を一覧紹介
中古車情報をお探しの方にオススメの書籍一覧です。

新着順に中古車に関連する情報を紹介
新しい新着順に中古車に関連する情報を紹介しています。

中古車に関連するアイテムや商品の通販サイト
購入者の感想などが多い順番に紹介していますので、購入前の参考になると思います。

【格安・激安】中古車に関連するアイテムの通販
中古車に関連するアイテムや製品などを購入しやすい格安アイテム順に紹介

車の免許の種類

車の免許の種類には、大きく分けると、第一種免許、第二種免許、仮免許の3つの種類に車の免許の種類を分類することができます。さらに、車の免許の種類は、第一種免許、第二種免許、仮免許のなかあでも種類があり、
第一種免許の車の免許の種類は、「原付免許」、「小型特殊免許」、「普通二輪免許」、「大型二輪免許」、「大型特殊免許」、「普通免許」、「中型免許」、「大型免許」、「けん引免許」の9つの車の免許の種類に分類されており、「普通二輪免許」、「大型二輪免許」、「普通免許」については、AT限定免許というオートマチック車限定の免許があり、普通二輪免許には、他にも小型二輪限定免許、AT小型限定免許などの種類があります。また、大型特殊免許には、カタピラ車限定免許もあり、けん引免許は、小型トレーラ限定免許も含まれて居ます。
次に、第二種免許の車の免許の種類は、「大型特殊第二種免許」、「普通第二種免許」、「中型第二種免許」、「大型第二種免許」、「けん引第二種免許」5つの車の免許の種類があります。
第二種免許は、バスやタクシーなどのお客を乗せる自動車を運転する場合に必要となる車の免許の種類になり、第二種免許を持っている人は、同じ車の免許の種類の第一種免許の車も運転する資格を有することになります。
次に仮免許の車の免許の種類ですが、車の免許は、普通第一種免許、普通第二種免許、中型第一種免許、中型第二種免許、大型第一種免許、大型第二種免許の種類があり、これらの車の免許を取得する時に、車の運転の練習を公道で行う時に必要となる免許を仮免許と言います。車の仮免許の種類には、「普通仮免許」、「中型仮免許」、「大型仮免許」の3つの種類の車の免許があり、「普通仮免許」については、AT限定仮免許も含まれます。

車のナンバーの種類

車のナンバーの種類には、色々な種類のナンバープレートがあり、この車のナンバーの種類によって、車の種類や使用条件などを表すことになります。
車のナンバーの種類では、車のナンバープレートの上の方にある小さい数字は分類番号といわれ、この数字のナンバーの頭の数字が「3」、「5」、「7」の場合には、自家用車として利用される車のナンバーの種類になり、もしも、「8」の場合には、自家用特種自動車になります。また、車の分類番号の一番左のナンバーが「1」、「4」の場合には、自家用貨物自動車となっています。
ただし、車が軽自動車である場合には、「5」が自家用自動車で、「8」が自家用特種で、「4」が自家用貨物になります。
また、車のナンバーの種類には、ナンバープレートのサイズによっても種類が分かれます。車のナンバーのサイズの種類は、3つあり、普通の乗用車についているサイズのナンバープレートは中版と言われ、特に大きな乗客を30人以上乗せることが出来るような車などは大板と言った大きなものになります。一番、小さなナンバープレートは、小型二輪や軽自動車に使われており、小板と言われます。
以上が車のナンバープレートとナンバープレートのナンバーによる車の種類の分類になります。

スポンサードリンク

中古車に関連するアイテムや商品の通販サイト
購入者の感想などが多い順番に紹介していますので、購入前の参考になると思います。

【格安・激安】中古車に関連するアイテムの通販
中古車に関連するアイテムや製品などを購入しやすい格安アイテム順に紹介

中古車についての関連書籍を一覧紹介
中古車情報をお探しの方にオススメの書籍一覧です。

新着順に中古車に関連する情報を紹介
新しい新着順に中古車に関連する情報を紹介しています。

車のボディーの種類

車の種類のなかでも、ここでは、車のボディーの種類による分類をして車を紹介してみたいと思います。ここでは、車のボディーの種類による分類は、「セダン」、「クーペ」、「ハードトップ」、「ハッチバック」、「SUV」、「ステーションワゴン」、「ミニバン or 1BOX」、「ピックアップ」8つの種類に分類しています。
まず、1つ目の車の種類は、「セダン」ですが、セダンは、ドアが4つあり、さらに車の室内とは別にトランクがついている車で、一般的によくあるタイプの車が「セダン」です。
2つ目の車の種類は、「クーペ」という種類の車で、この「クーペ」タイプの車は、スポーツタイプの車で利用されるボディーなので車体が低く、後部座席が無かったり、あっても狭い場合があります。
3つ目の車の種類は、「ハードトップ」という種類の車で、基本的に「セダン」と同じで4つのドアとトランクルームがありますが、「ハードトップ」の場合には、窓枠がない車になります。
4つ目の車の種類は、「ハッチバック」という種類の車で、「ハッチバック」はトランクルームが無いタイプの車で、トランクが無い代わりに、車の後部を上下に開くドアを付けて、トランク代わりに荷物がつめるようになっています。
5つ目の車の種類は、「SUV」という種類の車で、「SUV」の特徴は、車高が高く、タイヤも大きく、ジープなどのように悪い状態の道でも走れるようになっているのが一般的です。
6つ目の車の種類は、「ステーションワゴン」という種類の車で、「ステーションワゴン」は、「セダン」のトランクルームを無くし、トランクルームの部分まで後部座席の天井の高さを伸ばした形で、「ステーションワゴン」は、トランクルームの部分が車の室内になっているタイプです。
7つ目の車の種類は、「ミニバン or 1BOX」という種類の車で、「ステーションワゴン」の天井を大きくして、居住スペースを広げたタイプの車で、たいてい7名、8名などの大人数でも乗ることができるようになっています。
8つ目の車の種類は、「ピックアップ」という種類の車で、「ピックアップ」とは、トラックの事を言い、運転席の後ろに荷台をつけて荷物の運搬用に使われる車になります。
車の種類を車のボディーで種類わけすると、以上のように8つに分類することができます。

Copyright © 2008 車の種類を紹介【免許・ナンバー・ボディー別で紹介】.info